目の上のくぼみ治療ならスキンコスメクリニックにお任せください

川崎・戸塚・二子玉川院

無料メール相談
無料カウンセリング予約

目の上のくぼみ

目の上のくぼみの原因

加齢によって顔の本来あるべきところが重力による眼窩脂肪の下方移動により、気づかないうちに頬の頂点が下がっていたり、目の上の眼窩に沿ってくぼみができることがあります。
目が大きい人はもともと眼球が入っている窪みが大きいため、ことさら年齢とともに窪んだ感じになることが多いようです。
また、若い頃はキレイな二重だった人でも、目の上の脂肪が落ちたせいでラインの幅が広がったり、三重になることがあります。目の上のボリュームは顔を若々しく見せる上でとても大切なポイントです。

目の上くぼみの治療法

ロックウッド靭帯がゆるみ、眼窩脂肪を押し出してしまうことが主な原因である目の下のくぼみは、減少した脂肪を注入する治療法が好ましいです。目の下のくぼみは深い場合が多く、注入量も多くなる傾向にあります。
注入法は大きく分けて、『ヒアルロン酸』などの薬剤を注入する方法、『マイクロCRF療法』のご自身の脂肪を注入する方法の2つです。

ヒアルロン酸やリデンシティなど

ナチュラルPRPやセルリバイブなど

CRFやマイクロCRF

  薬品の注入 脂肪を使用した注入法
治療 ヒアルロン酸などの薬品を注入 さらに細かい濃縮脂肪細胞(マイクロCRF)を抽出して注入
持続期間 約6ヶ月~1年 最低10年
効果が現れるまでの時間 直後 直後
副作用 炎症が起こる場合がある
アレルギー反応が出る場合がある
なし
ダウンタイム なし なし

自分の脂肪を注入して目の上くぼみを治療

■CRF(コンデンスリッチファット)
ご自身の脂肪を採取し、その脂肪を遠心分離で良質な脂肪細胞と脂肪組織に含まれる幹細胞だけを濃縮することで『CRF(コンデンスリッチファット)』ができあがります。このCRF(コンデンスリッチファット)はご自身の脂肪からできているためアレルギーフリーで、良質な脂肪細胞と脂肪幹細胞だけを注入するため、石灰化やしこり、脂肪懐死の心配がありません。80%以上の定着率で自然な仕上がりが期待できます。一度で注入に十分な量を生成することが可能であるため、深い目の上くぼみの治療に効果的です。

CRF(コンデンスリッチファット)について詳しくはこちら

■マイクロCRF(マイクロコンデンスリッチファット)
CRF(コンデンスリッチファット)をさらに純化した『マイクロCRF(マイクロコンデンスリッチファット)』は、CRF(コンデンスリッチファット)よりも粒子を細かくすることで、不純成分の混入が極限まで少なくすることを可能にしました。ごく少量しか抽出できませんが、ジェル化の軟度が高いため、繊細な浅い小じわなどを美しく埋めて、なめらかに定着させるのに最適です。

マイクロCRF(コンデンスリッチファット)について詳しくはこちら

CRF/マイクロCRF
  部位 キャンペーン料金
シルバーコース CRF 気になる2部位 ¥450,000
ゴールドコース CRF+マイクロCRF 全顔 ¥850,000
(採取量¥100,000と保存料込)
プラチナコース

CRF+マイクロCRF+サーマクール(200ショット)

¥980,000
(採取量¥100,000と保存料込)

スキンコスメクリニックのピュアグラフト豊胸

川崎・戸塚・二子玉川院

無料メール相談

無料カウンセリング予約

自分の血液を注入して目の上くぼみを治療

持続効果:約5年
セルリバイブジータ療法

持続効果:施術直後
PPP療法

持続効果:約2週間から
ナチュラルPRP療法
セルリバイブジータ療法

PPP療法
ナチュラルPRP療法

認可:アメリカのFDA
   ヨーロッパ医療CE

セルリバイブ療法

認可:アメリカのFDA
   ヨーロッパ医療CE
   血小板治療基礎データ

セルリバイブジータ療法

料金表はこちら

■セルリバイブ療法・セルリバイブジータ療法の場合は効果が感じられなかった場合のみ施術後6ヶ月の間なら無料で再注入治療が行えます。
詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

川崎・戸塚・二子玉川院

無料メール相談

無料カウンセリング予約

施術で迷っている方へ

目の上くぼみの治療ひとつとってもいくつもの施術方法があります。スキンコスメクリニックでは、『目の上くぼみ治療なら絶対○○○治療を行う!』と決め付けるのではなく、患者様の理想の状態、患者様の症状とご希望、ご予算を考慮して最適な治療法を提案いたします。